全額支給奨学金 海外大学院留学プログラム Asian Peacebuilders Scholarship (APS)

「国連平和大学 Asian Peacebuilders Schalrship (APS)」12期生のブログです。「日本一APSに詳しいブログ」を目指して、APS、海外大学院留学、フィリピン、コスタリカ生活など色々書き綴ってます。

【青年海外協力隊】OBとして帰国後の進路にAsian Peacebuilders Scholarshipを勧めたい5つの理由

今回は青年海外協力隊(以下、協力隊)OBの一人として、現役の協力隊、また協力隊経験者向けに、現在私が参加しているAPS(Asian Peacebuilders Scholarship)プログラムをおすすめしたい5つの理由について紹介します。

 

協力隊経験者のキャリアアップに最適!なAPSプログラム

協力隊経験者のほとんどが、一度は考えたことのある「帰国後の進路」。せっかく協力隊として活動したのだからそのキャリアを今後も生かしたい、自分の活動分野を専門的に学んでみたい、また国連や国際NGOで働いてみたい…などなど、隊員としての任期が残りわずかになってくると、色々と考える機会が多くなるかと思います。

今回は帰国後の進路の内、大学院進学に関心を持っている方向けに、日本財団が運営する全額支給奨学金の海外大学院留学プログラム、Asian Peacebuilders Scholarship(以下APS)を以下5つの理由からおすすめします!

理由その1:何と言っても「全額」支給奨学金

このブログのタイトルにもある通り、このAPSプログラムでは、学費、生活費、保険、そしてプログラムにかかる交通費(フィリピンー日本間、フィリピンーコスタリカ間)のほぼ全てが奨学金でカバーされます(詳細ついては過去記事をご覧ください)。アメリカやイギリスでの大学院に進学した場合、授業料だけで年間数百万円かかることを考えれば、これはかなり大きなメリットではないでしょうか。

理由その2:国連平和大学(University for Peace)のコースでは、協力隊のほぼ全ての職種をカバー

「大学院に進学したいけど、平和構築への関心はそんなに…」という方でも、APSプログラムの半分が実施される国連平和大学(University for Peace)には、様々な専攻(ジェンダー、メディア、教育、国際法、人権、環境など)が開設されており、隊員のほぼ全ての職種が、専攻のいずれかと関連するはずです。協力隊としての2年間の経験をベースに、そこに新しく平和構築の考え方を織り交ぜられれば、自分のキャリアも学びに活かせますし、また平和構築の視点から自分の活動を振り返ることもできるはずです。

理由その3:倍率も低く、協力隊枠も?

先日、APSプログラムを運営している日本財団の担当者の方とお話したのですが、ぜひ協力隊経験者にもっとAPSプログラムに応募してもらいたいとおっしゃっていました。明言はされませんでしたが、日本人枠15人程度の内、協力隊枠があるようです(実際に毎年に日本人枠の1/3〜1/4は協力隊経験者が占めているようです)。

また肝心の倍率ですが、事務局にお尋ねしたところ、ここ数年の平均倍率として日本人以外は約10倍である一方で、日本人の倍率は約3倍とのことでした。他の奨学金プログラムでは倍率10倍を超えるのが一般的な中、この倍率の低さもおすすめしたい理由です。

  

理由その4:任地で出願可能

協力隊経験者におすすめしたい別の理由として、APSは任地から出願が可能という点です。出願に必要な書類さえ用意できれば、あとはオンラインでアップロードするだけなので、海外からでも全く問題ありません。また推薦状もカウンターパートやJICA関係者に書いてもらったりと、協力隊ネットワークもフル活用できます。面接もSkypeや国際電話で実施されますので、合格できれば帰国前に進路を決めることができます。

 

*私が実際に協力隊時代にAPSへ出願した記録はこちらのリンクから読めます!

理由その5:国際協力へのキャリアアップにぴったり

協力隊が終わった後も引き続き国際協力の分野で働きたいという方にとって、高い英語能力と修士号の取得は必須です。そういう方にとって、英語で修士号が取得でき、色々なバックグラウンドを持った学生と国際色豊かな環境で学べるのは最高の環境だと思います。

 

以上、協力隊(経験者)の方向けにAPSをおすすめしたい5つの理由を挙げました。関心を持って頂けた方は、こちらのブログで引き続きAPSプログラムの情報を発信していきますので、今後もぜひお付き合いください!