全額支給奨学金 海外大学院留学プログラム Asian Peacebuilders Scholarship (APS)

「国連平和大学 Asian Peacebuilders Schalrship (APS)」12期生のブログです。「日本一APSに詳しいブログ」を目指して、APS、海外大学院留学、フィリピン、コスタリカ生活など色々書き綴ってます。

APS入学手続(7)その他提出書類について

前回(APS入学手続(6)アテネオ大学願書について)に引き続き、入学手続きについてご紹介します。今回は、これまでにご紹介した以外の提出書類についてです。

その他提出書類について 

アテネオ大学に提出するその他の書類として、

 

●TOEFLのスコアシート(IELTSは不可)

●パスポートのコピー

●1インチ&2インチの顔写真

●(既婚の女性に対して)婚姻届受理証明書

●SSP(Special Study Permit)

 

以上の5点が必要となります。今回はこの内、SSPと証明写真についてご紹介します。

フィリピンに留学するためには、学生ビザを取得して正規の学生として留学する以外には、SSPを取得して一定期間留学(語学留学等)する方法があります。

APSではアテネオ大学に正規留学するのですが、学生ビザの発行までに時間がかかるため、前もってSSPを取得し、その後学生ビザに切り替えるようです(その切り替えにも時間がかかるため、APS生は予め59日の観光ビザの取得が求められています)。

SSPの様式もInfo Packやアテネオ大学の願書と同様、PDFで添付されますので、必要事項を入力し、一旦APSの事務局に内容の確認を依頼します。

APS事務局よりOKが出たら、印刷をし、署名をして2インチ四方の顔写真を貼ります。

顔写真について:便利な「ピクチャン」

顔写真については、前回ご紹介したアテネオ大学への願書にも2インチ四方の写真を貼付する必要があり、またそれとは別に1インチ四方の写真も用意しなければなりません。

日本ではなかなかお目にかからない1インチ四方、2インチ四方の写真ですが、コンビニでプリントアウトできる「ピクチャン」を使えば簡単に用意できます。

「ピクチャン」を利用するには予め顔写真のデータを用意しておくことが必要ですが、それさえ用意できれば「ピクチャン」サイト内で印刷したい写真のサイズ設定ができ、1インチ(約25mm)、2インチ(約50mm)の写真を印刷することが出来ます。

値段も一部200円(1インチ四方の場合は一度に3枚、2インチ四方の場合は一度に2枚印刷されます)とお手頃で、大手コンビニであればどこでも印刷できる優れものです。良かったら利用してみてください。

これまでにご紹介した書類を全て、また決められた部数分用意が出来たら、EMS等でAPS事務局に送付し国内での書類手続きは全て完了となります。

 

次回は、ビザの手続きについてご紹介します。