全額支給奨学金 海外大学院留学プログラム Asian Peacebuilders Scholarship (APS)

「国連平和大学 Asian Peacebuilders Schalrship (APS)」12期生のブログです。「日本一APSに詳しいブログ」を目指して、APS、海外大学院留学、フィリピン、コスタリカ生活など色々書き綴ってます。

APS出願後(1)選考スケジュール&書類選考通過まで

今回より、APS出願後の選考(書類選考、面接試験)について数回に分けてご紹介します。まずは選考スケジュールから。

APS選考スケジュール

無事にオンラインによる出願が済んだ後、9月中旬よりAPS事務局よりメールが届き、下記のスケジュールで選考を進めるとの連絡があります。

 

I. Application period
UPEACE
20-Feb-17
Online application opens
31-Aug-17
Deadline for application
II. Application Reviews
UPEACE
31-August - September 2017
Academic reviews
III. Interviews
Ateneo Language Learning Centre (ALLC)
The first two weeks of October 2017
English Interviews to assess the applicant English level
UPEACE - Ateneo de Manila
Mid October 2017
Selection Committee members will interview the applicant to assess his/her candidacy for the programme.
UPEACE - Ateneo de Manila
First week of November 2017
Interviews (Japanese applicants)
IV. Notification of Admission
UPEACE
First week of December 2017
Notification of Admission

 

ですが、上記のスケジュールの内、10月第一週実施予定のALLCとによる面接試験と、10月中旬実施予定のUPEACE - Ateneo de Manilaによる面接試験は行われませんでした。日本人出願者は全員免除になるのか、選考の結果今回はスキップされたのかは大学側より特に連絡が無かったのでわかりません。

その後、10月中旬にAPS事務局よりメールで書類選考の結果の連絡が届き、通過の場合、そこで面接試験について詳細が知らされます。なお、当初のスケジュールでは11月第一週となっていましたが、実際に面接が予定されたのは11月中旬でした。

次回、面接試験実施までの流れについてご紹介します。