Asian Peacebuilders Scholarship (APS) 12

日本財団「国連平和大学Asian Peacebuilders Schalrship (APS)」12期生のブログ。APS受験~APSでの学生生活の様子をご紹介。

日本財団「Asian Peacebuilders Scholarship (APS)」 12期生

2017年12月11日、日本財団主催の「Asian Peacebuilders Scholarship (APS)」の第12期生として合格通知を頂きました。

既にご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、このプログラムはフィリピンにあるアテネオ・デ・マニラ大学(Ateneo de Manila University)とコスタリカにある国連平和大学(University for Peace)でそれぞれ修士号(MA: Master of Arts)がとれる約2年間のプログラムでして、留学に係るほぼ全ての費用を負担してもらえるものです(詳細は下記参照)。 

第12期生の募集説明会開催時、私は青年海外協力隊としてアフリカにおりましたので参加できませんでしたが、第10期生募集の時に日本財団のビルに向かい説明会に参加したことがあります。

そこには100名を超える参加者を前に、APSを終えられたOB・OGの方たちがご自身のバックグラウンドや応募のきっかけ、またプログラム中の様子、そして現在の進路までいろいろとお話しされていました。

また、国連平和大学のプログラムコーディネーターの方も同席され、プログラムの詳細についても伺うことが出来ました。東京在住の方はAPSについて詳しく聞けるまたとないチャンスですので、ぜひ足を運んでみてください。

余談ですが、事務局の方に「これから2年間青年海外協力隊として活動して、その後にAPSを受けようと思っている」と話したところ、「今回の第10期で一旦プログラムの見直しを行うため、もしかしたら廃止や縮小があるかもしれない。可能であれば今回申し込んではどうか?」と言われ、結構深刻に受験しようかどうか悩みながら協力隊に参加した記憶があります。続いてて良かった…。

今回の受験までの間、これまでのAPS生の先輩方のブログにたくさん助けて頂きました。その恩返しを込めて、「今後APSを受験してみたい」、「受験とまではいかないけれど、どんなプログラムなのか気になる」という方向けに、APSの受験から学生生活までをいろいろとお知らせできたらと思っています。

予定では、

●APS受験準備~受験中

●APS合格後~入学まで

●APSでの様子(生活・授業内容など)

 その他、海外留学や国際協力(特に紛争解決、平和構築分野について)に関することを色々と書き溜めていこうと思っております。

どうぞよろしくお願いします!